むす日通信

【5月20日】お出汁の取り方とスープのクラス

昆布に、干しシイタケに、切干大根に、かんぴょうに…
これらを使ってうまみ成分を含んだおいしいおだしがとれます。

それぞれどんなふうに使うのか、どんなお味がするのか、比べてみましょう。

いろんなおだしの取り方をご紹介するとともに、スープの味付けのコツなどもお伝えします。

「同じようにやってもなかなか味が決まらない」
「塩だけで(家では)この味にはならん」
などなどのお声をいただき、おだしのクラス開催となりました。

わたしも、結婚したばかりのころ職場の近くの自然食のお店で
同じ調味料を使っているのに、「こんな味にならないー」と、お店の方にコツをきいたものです。
その頃はよい塩梅がわかっていなかったのですよね。
やはり何度も作ることでよい塩梅を身体が、舌が覚えて行きますね^^

みなさんも、何度も何度も作ってみてください。

まずは、いろんな方法を知って、やってみましょう!

前回のお出汁クラスの様子はこちら ☆☆☆

【日時】 2015年 5月 20日(水) 10:30〜13:30

【場所】   むかしといまがであう家 むす日
      広島市安佐南区大塚東2丁目35-19
      (082)836−5807

【受講料】  4500円 (税込)
       *材料費を含みます
        

【持参物】エプロン・タオル又は手ぬぐい一枚・筆記用具・持ち帰り用容器

【お申込】
  お問い合わせフォーム
  またはお電話(082)836−5807でお願い致します。
  

【締め切り】  5月 18日

  

関連記事一覧

最近の記事

  1. 2017.06.21

    自然遊びの会

Facebook

過去のむす日通信

PAGE TOP