むす日通信

マクロビオティック講座

卒業のお祝いにお赤飯(小豆入り玄米ご飯)
桜沢先生は小豆入りの玄米がゆのことを「おめでとう」と名付けていますよね。
病気が回復して、おかゆが口にできるようになったことをお祝いする意味を込めて

わたしもみなさんに「おめでとう」の気持ちを込めてみました^^

3月2日は、9月から始まったマクロビオティック講座の最終回でした。

自宅教室からむすひに場所を移してから、この講座をするのは初めてでした。

初めてのマクロビオティックを受講してくださった生徒さんからのもっと学びたいという要望で
この講座が開催できて、共に学び合えたことが本当にありがたく、うれしく思っています。

毎回皆さんに会うのが楽しみだったし、皆さんから聞く、体の変化や面白い出来事やうれしい出来事などなど
学ばせていただくことがたくさんありました。

素敵な仲間に出会えたこと、大切な大切な私の宝物です。

DSC_0007 (2)

そして、びっしりと書いてくださった感想を読むと

マクロビオティックが皆さんの役に立っていること
マクロビオティックを楽しんで、無理なく生活に取り入れてくださっていること
マクロビオティックが食事法だけではなく、生活法であることを理解してくださっていることがわかりました。

「体だけでなく、考え方や気持ちの変化があった」
「人間関係が変わった」
「自分が楽に居られる、居心地の良い仲間が増えた」
「周りにも変化がみえてきた」
「何よりも感謝の気持ちが芽生えた。ただ言葉で、頭で感謝するだけでなく、何事も当たり前ではなくとてもありがたいことであると体感することができた。」
「マクロビオティックを玄米菜食ではなく、心と体で体感できるようになった。」
「マクロビオティックで私の周りの色々な問題を解決できることがわかった」



などなど
嬉しい言葉があふれていました。

これからも、一緒に楽しんでいきましょうね。
半年間通ってくださって本当にありがとうございました。

自分の体をよくし、問題を解決するため自然の法則を学んでいく
マクロビオティック講座

次回の開講は5月12日

日程は5月12日、26日
6月9日、23日
7月7日、14日
9月8日、29日
10月13日、27日
の10時半から13:30
すべて火曜日を予定しております。

マクロビオティック生活法を学ぶ講座(10回講座)

マクロビオティックは、人生を楽しみ、人生の目的を全うするために、健康な体と精神を手に入れる方法です。
その方法が誰もが特別な器具や高額な支払いを必要とせず、家庭でできる生活法だというのが大きな特徴です。

講義のみで調理実習はありません。
毎回、マクロビオティック食事法に基づいた試食があります。

第1回     ガイダンス(この講座で学ぶこと、マクロビオティック生活法を実践するとどんなことがあるのかなど)
第2回     衣食住について 選び方、考え方
第3回     食について
     食材の保存について
     包丁の選び方とお手入れ
     包丁の持ち方立ち方、切り方、姿勢
     調理器具の選び方と考え方
     火について  水について
     標準食のおさらい
第4回     科学的に見たマクロビオティックの効果と病気についての考え方
第5回     陰陽五行
第6回     望診(顔や手、皮膚、手相などから体の状態をよみとります)
第7回     家庭でできるお手当法
    食べ物を使ったお手当法
第8回    そのほかのお手当法
    パームヒーリング
    姿勢
    呼吸
    導引
第9回    女性とマクロビオティック
    生理、妊娠、出産、授乳、子育て、更年期
第10回    宇宙法則と光について、まとめ

【受講料】 51000円 (10回分の受講料と材料費、昼食代などを含みます)
      単発受講は 5200円/1回

【お問い合わせ・お申込み】
  お問い合わせフォーム
  またはお電話(082)836−5807でお願い致します。

関連記事一覧

最近の記事

Facebook

過去のむす日通信

PAGE TOP