むす日通信

離乳食クラスのすすめ。~食べるもので泣き方も変わる~

二人目の子を自宅出産したあと、母に毎日通ってもらって食事を作ってもらっていました。
産後の肥立ちをよくするためと、おいしいおっぱいが出るように
油は使わずよく煮炊きした穀物とお野菜をリクエスト

土鍋でコトコト炊いてもらっただけのお野菜とか玄米ご飯を用意してくれて
野菜の素材そのもののおいしさと、久しぶりに自分が作るのではなくて実の母に作ってもらえるという喜び。
いくつになっても母にとっては娘で、愛され大切にされているのが伝わってきて本当においしかったことを覚えています。

次女はお産の途中も産後も何も恐怖を感じることなくただただ心地よく私や家族に囲まれて育ったので
本当に穏やかな赤ちゃんでした
こんな赤ちゃんなら10人いても大丈夫だなと思うほどに子育ても楽で
ただただかわいかった。

そんな様子を見ていた母が「食べ物でこんなに違うんじゃね」と、ポツリ。
赤ちゃんは泣いたりぐずったりして大変というイメージが覆った驚きを隠せないようでした。

育児は大変
そのつらさに耐えてこそ立派
みんなやっていることなんだから自分もやって当たり前

そんな風に思い込んでいませんか?

赤ちゃんは夜泣きをするものとか
泣き止まないからずっと抱っこしてあやしてなきゃとか

全然泣かない赤ちゃんもいるし
夜泣きなんて一度もないし、
いつも機嫌がいいあかちゃんもいるのです

一人目と二人目で格段に育てやすさが違ったわたし
皆さんにぜひお伝えしたいです
思考のこと、食材選びと調理法のこと

いつもご機嫌でよく眠ってくれると
お母さんの睡眠時間もしっかりとれるし
やりたいことができて家事もはかどるし
何よりとにかく赤ちゃんがかわいい(と思える心の余裕ができる)

この私の伝えたいこと
実は離乳食だけじゃなく
苦しくないお産
耐えるのではなくゆだねるお産につながり、
子育てや生き方にも大きな氣づきを与えてくれる

そんなお話です

驚くほどに簡単で、月齢関係なく誰でも作れるレシピをたくさんご紹介します。
離乳食の時期を過ぎても使えるアレンジ方法もたくさんお話します!
ママも一緒に食べて、子宮はきれいに回復!お肌や髪もつるつるに!
何よりおっぱいがおいしくなって赤ちゃん大満足してくれますよ♪

4月11日(火)の離乳食クラスお申込みお待ちしております。
妊婦さん
妊活中の方にもおすすめです♬

【日時】2017年4月11日(火)10:30〜14:30

【場所】むかしといまがであう家 むす日
広島市安佐南区大塚東2-35-19
(082)836−5807

【内容・予定メニュー】
 離乳食の考え方、進め方の講義(約100分)、調理実習(約100分)、試食と質疑応答など(約40分)

 ●玄米クリーム
 ●スープ  
 ●デザート 
 など 

【参加費】6000円 

【持参物】エプロン・タオル又は手ぬぐい一枚・筆記用具・持ち帰り用容器

      
【お申込】お問い合わせフォームまたはお電話(082)836−5807でお願い致します。
  
      

【締め切り】4月8日(お電話では8日まで、メールやFBメッセージでは10日まで承ります)

関連記事一覧

最近の記事

  1. 2017.10.13

    最近のお教室

Facebook

過去のむす日通信

PAGE TOP