むす日通信

離乳食クラスレポ

10月3日の離乳食クラス

妊娠中のお母さん、離乳期のお子さんをお持ちのお母さんが参加してくださいました。

むす日の離乳食クラスは、産前産後の体の変化に合わせたおすすめのお食事や、赤ちゃんの体調を判断する観察の方法、一人一人の発達に合わせた離乳食の進め方、赤ちゃんが大好きな食事についてなどをしっかり学んでいただいてから、実際の調理実習、試食をしていきます。

食べたご感想は

・体にゆっくりじんわり染み渡るおいしさ
・こどものくいつきがすごくよかったのでこどもにもおいしいんだとおもう。
・からだにやさしいケーキを早速1歳のお誕生日に作ってみたい
・初めての子どもで全く分からないことばかりだけど、生まれてくる前にいろいろと知ることができてよかった。
・離乳食だけど大人が食べてもおいしいし、アレンジがいろいろときくので、大人用の食事にも作ってみようと思う。
・産院がマクロビオティックのお料理を提供するところだったので、離乳食にもマクロビオティックを取り入れてみようかと思い参加しました。少しづつ取り入れてみようと思います。
・産前産後の話もあって、産む前に来ればよかったと思いました。大人用にアレンジする方法も分かってよかった。自分でやってみても味が決まらなくて家族に不評だったのが、豆乳や、白みそも入れてないのに塩だけで十分おいしくなっているのにびっくりしました。(お野菜をじっくり煮込んで甘みを引き出すのと、塩が味の決め手です)
・おかゆがすごくおいしかった
・どこにたくさん汗をかくかとかで、体調がわかったりするのに驚いた。
・食事も昔ながらの日本の食事、お店もなぜか懐かしいような、いるだけで心地よい空間で、箱膳に一人分がきちんと分けられている食事も、とてもいいなと思った。
・油を一切使わない料理だから洗い物もさっとお湯で流すだけでいいですね。

お料理だけでなく、古民家にも癒されると生徒さん。

簡単で、おいしい離乳食。
みなさんの体を元氣にして、役立ちますように♡

そして、うちのスタッフが、講義の内容が聞こえてきて、「これは、離乳期のお子さんがいる方だけじゃなく、妊娠中の方に、いや、妊活中の方に、いやもっと前から、若い女性に聞いてもらいたい!から、離乳食クラスのチラシを作る。」と言ってくれました(*^-^*)

マクロビオティック講座の生徒さんからもよく、「こういうことを中学とか高校の授業で習いたかった。」とよく言われます。

わたしも、マクロビオティックを習っているときそう思っていたなー。

でもいつか当たり前になりますよ!

玄米を食べている人の健康状態を知る調査が始まっていたり、オーガニック商品を取り扱う店舗が増えたり、求める人が格段に増えたり。

時代は変わりましたもの!

わたし、マクロビオティック生活はじめて19年目なんです。
その頃マクロビオティックなんて知っている人全くと言っていいほどいませんでした。
諸先生方、諸先輩方たちの努力のおかげで、少しは知っている人が増え、食生活を見直した人が増えたおかげで、環境が変わりました。

わたしがお教室を始めたのも、仲間を増やしたい、自分が生活しやすい世の中になって欲しい。

そんな気持ちからでした。

お教室はじめて10年。

氣がついたらそうなってますもの!

これからの10年も楽しみだなーヽ(^。^)ノ

次回、離乳食クラス開催は
12月5日(月)です。

***********************************************

1470810224943 (3)

離乳食っていったいどうやってすすめていったらいいの?
食物アレルギーがでないか心配。
なかなか離乳食を食べてくれない、などなどお悩みの方も多いのでは?

ビン詰めの離乳食じゃなく、安全で安心、体にやさしいものを食べさせてあげたいというお母さんも多いはず。

離乳期から幼少期の子どもにバランスよく食べさせるとよいものは何か?

現在15歳になった娘は虫歯なし、病院や薬にはお世話にならず元気、視力もよし、
そんな体作りのできる食事をお伝えします。

それも驚くほど簡単でおいしいのだから離乳食と言わず親子一緒に食べちゃいましょう!

特にお母さんは離乳食を一緒に食べると、産後に起こりがちなトラブル回避につながるからおすすめ!

DSC_2046 (3)

夜泣きをせずによく寝てくれるようになったり、ニコニコ穏やかに過ごせるかどうかはお母さんが食べさせる食べ物しだいです。(お母さんのおっぱい次第でもあります)

子どもは素直に食べたものを行動や泣くことで出していきますから、どんなふうな子育てをしたいかお母さんの意思次第です。

離乳期のお子さんがいらっしゃらなくても、これからお産を考えている人には聞いてもらいたい内容です。お孫さんのためというのもgood!

病中、病後の介護食、回復食としても最適です。

離乳食1

【日時】 2016年 12月 5日(火) 10:30〜14:30

【場所】 むかしといまがであうう家 むす日
       広島市安佐南区大塚東35-19
      (082)836−5807

【内容・予定メニュー】
 離乳食の考え方、進め方の講義(約100分)、調理実習(約100分)、試食と質疑応答など(約40分)

 ●玄米クリーム
 ●スープ  
 ●デザート 
 など 

【参加費】 5200円 
*2017年より料金改定いたしますので、この受講料で受けられるのは最後となります。

【持参物】  エプロン・タオル又は手ぬぐい一枚・筆記用具
        持ち帰り用容器
       

【お申込】
  お問い合わせフォーム
  またはお電話(082)836−5807でお願い致します。
  

関連記事一覧

最近の記事

  1. 2017.06.21

    自然遊びの会

Facebook

過去のむす日通信

PAGE TOP