むす日通信

募集【11月23日】心を開放し、人生をひらくキルタンWS

「キルタン」ご存知ですか?
わたしも昨年初めて存在を知って、ご縁があって参加させていただいたキルタン。
とっても氣持ちの良い時間を過ごすことができたのでした。

サトケンと、キルタンを指導してくださる堀田義樹さんがとても仲が良い関係で私も知ることになったのですが、今回は友人たちが、義樹さんがとてもイケメンで声もセクシーなので「ぜひ会いたい」という要望があり、(サトケンが、むす日の雰囲気がキルタンにとてもいいんじゃないかと口添えしてくれたこともあって)実現の運びとなりました!

以下にキルタンの説明を載せていますが、イケメンに会いたい(本当にかっこよいお方なので、お顔を拝見するだけで氣持ちが上がりますよー♪)という方も是非ご参加ください。

サンスクリット語で「歌う」という意味のキルタン♪
ハルモニウム(インド楽器)のリードと共に
サンスクリット語のマントラを唱え、…
心と体で感じていきます。
神聖なマントラや祈りをくり返し歌う『歌う瞑想』
とも呼ばれています。
祈りや感謝の心を込めて歌う事で、
思考や感情に左右されやすい日常の出来事から、
自分自身を癒し、わたしたちの心を解放してくれます。

もちろん!マントラを知らなくても、
義樹先生がマントラの意味から優しく教えてくださいますので、
初心者の方も安心&大歓迎です!
瞑想をしたいと思っていてもなかなかできない方、
頭が忙しいと感じる方、
ストレスを解き放ちたい。。。
とにかく音楽が好きな方!
どなたでもご参加いただけます。

日にち:2017年11月23日(祝)
時間:13:00~受付
   13:30~15:30 キルタンWS
   ティータイム~16:00頃終了
場所:むす日 (広島市安佐南区大塚東2丁目35-19)
募集人数:20名 *要予約(お車でお越しの方はご予約時にお申し出ください。駐車場の数に限りがございますのでご協力お願いいたします。)
参加費:5000円(ケーキセット付)
お持物:楽に座れる格好

堀田義樹(Yoshiki Horita)

北海道札幌市出身。7人兄弟の末っ子として牧師家庭に誕生。生まれる前から賛美歌を聴いて育つ。5歳の時にオルガンを、その後ピアノを習い始める。長兄の影響でThe Beatles、Queen、Led Zeppelin、KISS、AC/DCなど幼くしてロックに目覚め、ザ・ベストテンの放送開始と共に歌謡曲にも夢中になる。

中学1年生で同級生とバンドを結成し、3年生で初ライブ。ヘビーメタルにのめり込む。
16歳頃より詞曲作りと本格的なバンド活動を開始。Penny Lane、Bessie Hall、Messe Hallなど、地元ライブハウスに定期的に出演。北海道内ツアーも行う。同じ時期レコードショップでアルバイトを始め、ロックだけではなく、フォークからソウル、ファンク、レゲエ、ブルーズ、民族音楽に至るまで洋邦幅広いジャンルの音楽に触れるようになる。19歳で初の関東、関西ツアーを行った後、バンドを脱退し単身上京。

1993年、ギタリスト本田毅(PERSONZ)の誘いを受けVERSUSに加入。メンバーはベース本田聡(ex.G.D.FLICKERS、RITTZ)、ドラム京極輝男(ex.DE+LAX)。ライブツアーを中心に活動を続けるも、1997年、方向性の相違により脱退。

1997年、川瀬昌知(ex.GUNIW TOOLS、現cloudchair)とSUPER SOUL SONICS結成。翌年ビクターエンタテインメントよりシングルJET LOVE MACHINEでデビュー。精力的なライブ、全国ツアーと並行し、FMパーソナリティー、雑誌R&R News Makerでの連載も行う。2002年には1ヶ月に渡りインターネットラジオを開局。24時間、フルサイズによる楽曲オンエアプログラムは、国内メジャーレーベル所属のアーティストとして初の試みであった。アルバムを4枚、シングルを8枚をリリースした後、2004年に活動を休止。

2005年、ソロプロジェクトiMAGINATIONSの活動を開始。当初は90年代後期から傾倒していたテクノ、ハウス、ブレイクビーツなどクラブミュージックの影響を強く打ち出したサウンドを志向。その後、実験・試行錯誤を繰り返しながら、歌とメロディーをより前面に置き、音数を少なくした現在の表現方法へと辿り着く。

2007年、1stミニアルバムHIRAKUを自身のレーベルirohadiscからリリース。Tower Recordsを中心として地道にセールスを伸ばし、全国発売から2ヶ月で初回プレス1,000枚を出荷。FM NORTHWAVEでは、収録曲“君に会って”が、インディーズとしては異例の総合オンエアチャート60位まで上昇するなど話題となる。

単独弾き語り、MacBookを用いたエレクトリックセット、サポートメンバーを加えたアコースティックセット、バンド編成など様々な形でのライブを展開。主な作曲、制作ツールは、Martin D-18とApple Logic、Digidesign Pro Tools。

2004年にフリーとなり、自身の活動と並行してオファーを受け始めたボイストレーニングが話題に。現在、受講者はプロのシンガー、俳優、ナレーターなど声の専門家だけに留まらず、『本来の自分とつながるボイスワーク』が幅広い方面から注目を集めている。

2009年、グローバルボーカリスト/サウンドヒーラーGina Sala氏との出会いから、バクティヨガの練習で”歌うヨガ””歌う瞑想”とも呼ばれるキルタンを始める。たびたびインドへ渡りその学びを深め、ヨガスタジオ、ヨガティーチャーとのコラボレーションなど日本国内での普及活動も積極的に行なっている。

自らの研究と豊富な指導経験によって、心のあり方が技術を飛躍的に向上させることに気づき、”心身の統一”を軸とした画期的なトレーニングを考案。マンツーマントレーニングの他、ワークショップ、リトリート、企業研修、幼児音楽クラスなどの講師を務め、全国で声を出す楽しさと喜びを伝え続けている。月刊音楽誌SOUND DESIGNERでの連載『初歩からのボーカルトレーニング』を4年半に渡り執筆。

http://yoshiki-imaginations.hatenablog.jp
https://www.instagram.com/yoshiki_horita/

関連記事一覧

最近の記事

Facebook

過去のむす日通信

PAGE TOP