むす日通信

梅干しづくりとマクロビオティック

梅干しづくりにご参加いただいた皆様ありがとうございました。

去年食べたむすひの梅干しが最高においしかったからと来てくださった方や
わたしとおしゃべりできてうれしいなんておっしゃってくださるかた
ランチでお出しした
ベジハヤシライスがとってもおいしいから習いたいとおっしゃってくださる方
陰陽の話がとっても勉強になったとメールをくださる方
などなどいらして
うれしかったです♪

ベジハヤシライスの作り方は重ね煮展開料理クラスで学べます

次回の重ね煮展開料理クラスは
9月26日(水)です。

すでに梅酢が上がったという報告もいただいています。
順調なようですね♪

梅干しづくりの講座では、作り方と梅干し及び、梅酢や赤しその利用方法などをお伝えしていますが、いまさらながら私が梅とみそだけは20年欠かさずに手作りしている理由がわかりました。
それをざっくりまとめると

①かける手間や時間に対して、利用価値が高い。
②日々の食卓で利用する。

という2点でしょうか。

いろんな健康法や、体にいい食べ物があります。
それぞれの体質や症状、金額、味、続けられるか、などなど総合的に見て自分に合うものを選ぶとよいと思うのです。
わたしも、過去を振り返ると
健康食品、サプリメント、酵素、今でいう「スーパーフード」のように、新しく栄養素が発見されたり、効果が認められたものなどに飛びついたり、勉強する時期がありました。

でも、疲れちゃったんです。
次々と現れるスーパーフードや、新説に。

毎回調べたり勉強したりして覚える膨大な知識に。

これいつまでたっても、繰り返すな。
これからも新しいものは出てくるし、追いかけ続けたら終わりがないなと。

それで、新しいものを追いかけるのはやめて、
普遍性のあるもの、真理を求めるようになったんですよねー。

そして出会ったマクロビオティック

木に例えると
葉が枯れたり、落ちてくると、栄養剤や水をやる。といった対症療法が、
スーパーフードや新しく見つかった〇〇にはこの成分といったもの。あるいは、薬。
枯れるのを予防しよう、そのためには土台となる幹や根の状態、はたまた土づくりからだ。というのが、
根本的な血液の状態や、体全体を見ましょうといった、東洋医学的なものの見方
マクロビオティックはそれらを包括して、なぜその場所にそういった形をして木が現れたのかを見ていく学問です。

宇宙の始まりからの進化
その視点で物事を見ているから
本質なんですよね。
→これらのことに興味のある方は、むす日生活塾および、理論を学べる講座へどうぞ
むす日生活塾次回開催については↓

むすひ生活塾

あらゆることが腑に落ちて

「あーよかった。これで、旅は終わった。」
って思いました(笑)

(それでも時々、あれ?わたしまた、不必要なもの追っかけちゃってる。
「疲れるからやめよう」ってことたまにあります。)

そう、それで、話は梅の話に戻って、
梅干し応用範囲広いんですよね。

今朝、次女が調子が悪かったんです。

声がかすれて
下唇が腫れている
鼻も詰まっている

これ、望診を学んでくださった方にはすぐわかると思うんですが

陰性過多の症状
腸も腫れてる

今朝ぴったりな飲み物は

「梅しょう葛」ね

ということで、梅干しを刻み、くず粉とお醤油、番茶を加えて加熱。

おなかの調子の悪かった私も一緒に飲んでお腹落ち着きました。

こんな感じで、

熱さましも
胃腸薬も
痛み止めも
かゆみ止めも

使ったことない娘ちゃん
家庭に常備しているもので、自然のお手当。
これで今まですんじゃってます。

なので、薬もいらないし、民間療法のあれこれもいらなくなってしまった我が家です。

情報に振り回されなくって済むので心が乱されないし、
新しいこと覚えなくてもいいから時間も有効に使えます♪

あらためて、マクロビオテイック知っててよかったなーと思った朝でした。

さて、梅干しづくりに必要な「もみしそ」
7月10日に作ります。

おしゃべりしながら一緒に作りたいという方
ご連絡くださいませ。

詳細はこちら↓

募集【7月10日】もみシソづくり

毎月、季節に合わせた食べ方や
マクロビオティック的な視点で見た氣になる出来事の解説
お教室で学んでくださった方のフォローアップにつながるような内容
などをお送りしているメルマガ
こちらも未登録の方で、興味のある方は是非ご登録くださいませ
メルマガ登録はこちら↓

メールマガジン登録

関連記事一覧

最近の記事

Facebook

過去のむす日通信

PAGE TOP